沿革 / 表彰

沿  革

1935年 2月
北川機械製作所として発足、鉱山用索道機械を製作
1942年 12月
株式会社岐阜輸送機製作所を設立
1944年 12月
日本索道株式会社を吸収合併し、日本造機株式会社と改称する。
1945年 12月
戦後、日本造機株式会社を解体し、岐阜輸送機株式会社を設立、建設機械及び橋梁を製作
1962年 5月
北川 勉が代表取締役に就任
1973年 5月
岐阜輸送機株式会社のトンネル建設機械部門を独立し、岐阜工業株式会社を設立、代表取締役は同じく北川勉就任、トンネル建設機械の外、クレーン、コンベアー、ゲート、エレベーターを製作
1973年 6月
東北新幹線、青函トンネルの販路拡張のために仙台工場及び仙台出張所を設置
1974年 1月
輸出業務拡大のために東京営業所を設置
1976年 7月
香港に現地法人岐阜工業(香港)有限公司を開設、同時に現地工場(2ヶ所)設立
1978年 9月
九州地方の販路拡張のため九州営業所を設立
1982年 3月
コンクリート吹付ロボットを開発し、製作、販売及びセラミックの溶射事業を始める
1987年 10月
NC工作機用電気制御盤の設計、組付をするため岐阜工業電子株式会社を設立
1992年 3月
C.I.(新マーク)を導入
1992年 12月
ハイテク巣南工場を開設
1994年 3月
谷汲工場を開設(各種門型クレーン 15台)
1995年 7月
事業拡大に伴い東京営業所から東京支店に昇格
1999年 4月
木曽屋工場を開設(各種門型クレーン 15台)
2000年 12月
谷汲工場内に製造工場増設
2000年 12月
谷汲及び木曽屋工場にクレーンを増設し、生産体制を強化
2005年 6月
北川 勉が代表取締役会長に就任
北川 智秋が代表取締役社長に就任
2005年 10月
木曽屋工場内に製造工場増設
2007年 2月
ベトナムに関連会社の岐阜工業ベトナム有限会社を設立
2007年 6月
木曽屋工場内に切断工場増設
2007年 12月
北川 勉が取締役名誉会長に就任
2007年 12月
巣南工場にレーザー切断機を増設
2008年 3月
北川 勉 取締役名誉会長 逝去
2008年 10月
木曽屋工場内に大型機械加工機導入のためAP工場増設
2010年 6月
木曽屋工場 AP事業部にてISO9001 (品質マネジメントシステム)の認証を取得
2011年 3月
カンボジアに関連会社のJAPAN TECHNICAL
STEELWORKS CO., LTD. (JTS) を設立
2013年 11月
本社を本巣市から瑞穂市へ移転
2016年 3月
工場集約のため谷汲工場を売却
2016年 12月
株式会社アクティオ「AKTIOグループ」の一員となる
2016年 12月
北川 智秋 代表取締役社長 退任
2016年 12月
内田 芳治 代表取締役  就任
宗像 国義 執行役員社長 就任
2018年 4月
宗像 国義 取締役執行役員社長 就任
2019年 3月
内田 芳治 代表取締役  退任
堀江 洋隆 代表取締役  就任
2020年 3月
堀江 洋隆 代表取締役   退任
宗像 国義 代表取締役社長 就任
2022年 1月
髙橋 正樹 取締役執行役員社長 就任

表  彰

・岐阜県発明くふう展
  • 「文部科学大臣奨励賞」

    1件

  • 「特許庁長官奨励賞」

    5件

  • 「中部経済産業局長賞」

    2件

  • 「発明協会会長奨励賞」

    3件

  • 「日本弁理士会会長奨励賞」

    2件

  • 「岐阜県知事賞」

    1件

  • 「科学技術庁長官奨励賞」

    3件

  • 「中部通商産業局長賞」

    1件

・中部地方発明表彰
  • 「中小企業庁長官奨励賞」

    3件

2005年 2月
第38回 社団法人 中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)地区表彰を受賞
Good Company Award
2006年 4月
経済産業省 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」
会社案内へ戻る